So-net無料ブログ作成
検索選択

イワシ由来のDHAやEPAで血中中性脂肪対策 [サプリメント]

先日、中性脂肪対策に葛の花を使ったサプリの記事を書きました。
(記事:機能性表示食品「シボヘール」で脂肪対策


葛の花効果で、中性脂肪を減らすことを目的に開発された機能性表示食品のシボヘール。


今度は、お魚のDHAやEPAによる中性脂肪対策を狙う機能性表示食品が出ました。





DHAやEPAによる効果は昔から言われていますね。

EPAとDHAは、イワシやサンマなどの青魚の油に多く含まれるオメガ3脂肪酸の一種です。

とっても重要な栄養分ですが、私達の体では作ることが出来ないので食べ物から摂るしかありません。

この青魚の油は、牛や豚などの油と違って、常温でも固まらないのが特徴。いつでもサラサラです♪

油をもって油を制す!

油を減らすことが可能な油として話題の成分で、血中中性脂肪を低下させる働きが研究で分かっています。

でも、焼いたり揚げたりすると、そのEPA・DHAって、とても熱に弱いので、一気に成分が失われます。

青魚を食べるのは良いことですが、不足分は、サプリメントで補いたいですね♪


しかも、そうそう毎日毎日お魚というわけにもいきません。特に、お魚の生臭さが気になる人ってけっこう多いですよね。


体に良いというのは分かっていても、難しい。


さらに、最近は残念ながら放射能汚染の危険も出ているし、、水銀の心配もありますよね。なんて心配するくらい食べられませんが。


でも、栄養効果は欲しいし、、ということで開発されたのが、イワシ油由来の機能性表示食品の「さかな暮らし」です。


さかな暮らしは、製造ごとに、重金属汚染や放射能性物質の汚染が心配されるイワシではないか、きちんと検査して不検出を確認したものを使っているので安心です。


血中中性脂肪が気になりだしたら、血液ドロドロが気になってきたら、、

早め早めの対策をして、安心して毎日を元気に過ごしていきませんか?


 ⇒ 血中中性脂肪を下げる




nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0